ゲームオンで一番楽しかったマッスル行進曲を買ってみた

DSC_0235

マッスル行進曲がゲームオンで1番良かった

いろんなゲームが展示してたゲームオン。会場に7時間程いてひたすら回っていたのですが、今回の展示ゲームで1番「あー、ゲームだなー!」と思ったのがマッスル行進曲でした。WiiWareの専用ソフトでこの記事を書いている現在は823ポイントで購入できます。こういうゲームは買わざるを得ないので、さっそく購入。

マッスル行進曲公式サイト

【スポンサードリンク】

世界観は”筋肉”! 以上!

世界観は筋肉至上主義をひたすら貫いた感じ。大事なプロテインを盗んだ犯人をひたすら追っかけるゲームです。wiiリモコンとヌンチャクを持ち、瞬時に求められるポーズを取って犯人を追跡します。ポーズといっても難しいことはなく、やっていることは「赤あげて〜、白さげて〜」の旗揚げゲーム。そんな単純なことなのに、この筋肉バカな世界観をトッピングすることでこんなに面白くなるから不思議です。

元々はアーケードゲームとして開発されていたみたい

ググってみると、元々はアーケードゲームとして作られていたみたいです。確かにステージ選択式で3人捕まえたらクリアというのは、まんまアーケードって感じ。ロケテストまで開かれたそうですが、正式にリリースはされなかったとのこと。なんでだろうなぁ。見た目のインパクト的に、アーケードにあったら絶対盛り上がると思うんだけど。非常にもったいない。

接待ゲームとしての価値は最高

僕の家にはちょいちょい友人が来ます。彼・彼女らは全員がゲーム好きではなく、仕事やら子育てやらでゲームから少し離れてる人たちも多いです。そんな人たちがゲームしかない我が家に来ても楽しめるように、いくつか接待ゲームを用意しています。マリカーとかぷよテトとか桃鉄とか、そこらへんが鉄板だったのですが、これからはマッスル行進曲もラインナップに加えようと思います。ポーズを取るだけという簡単操作と見た目のインパクトで、接待ゲームとしての価値は間違いなく最高レベルです。

WiiUでも問題なく遊べますので、WiiUソフトのスパイスの一つとしていかがでしょうか。

YouTubeのURLは:こちら

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena
【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>