有料ホイミで生き残りを図る、とある武道家のお話。

【スポンサードリンク】

ドラクエ10は武道家で行くことにしました。

なんだかんだで盛り上がっているドラクエ10。
学生時代のようにガッツリは遊ぶことは出来ないけれど、時間を見つけては遊んでいます。

ようやく、武道家としてレベル10まで進みました。
キャラクター名は「しとぎ」です。可愛いです。

しかし、最近武道家について思うことがあります。
それは戦闘中のこと。

「しとぎ」の攻撃!
モンスターに3のダメージ!

「○○(仲間」はメラを唱えた!
モンスターに13のダメージ!

モンスターを倒した!

武 道 家 、 弱 く な い ?

おかしい。あまりにも通常攻撃のダメージが通らなすぎる。
そんなわけで以下、呟きを投下。

さっそくリプ頂きました。
どうやらこの悩みは僕だけではなかったようです。

育成が進むにつれ、強くなるのかもしれません。
やはり、レベル上げが必要な様です。

というわけで、パーティを組もうと思い立ちました。
しかし、滞在先のキャンプ場は人もまばらだったため、都会に行こうと決意。
オルフェアという街が近くにあるそうなので、一人で突撃しました。


「いってきまーす」ってな感じで。

都会の壁。職業の壁。レベルの壁。

敵に絡まれたら即死の中、必死の思いで辿り着いたオルフェアの街。
どうやら結構な都会らしく、プクリポ以外の種族の方もたくさんいました。

街の出口前の広場で、活発にパーティが組まれています。
「よっしゃ、僕も組むぞ!」なんて勢いで、突撃します。

「こちらレベル10の武道家です! レベル上げいきませんか!?」

・・・反応がありません。
ならば、パーティ募集かけてる所に参加希望を出しましょう。

「こちらレベル10の武道家ですー。参加しても良いですか?」
「あー、武道家はちょっとキツいかも。ごめんね(^^;)」

こんな感じで断られてしまいました。
確かにマトモな通常攻撃も繰り出せない今の僕に、
パーティの居場所はなさそうです。

次のレベルまで必要な経験値はおよそ500程。
しょうがない、お荷物な僕は最初の村でスライム500匹倒すしか、
生き残る道が無いんだ(‘A`)

そういやFF11でもこんなことがあったなと思い出しました。
魔法適正に秀でているタルタル(プクリポみたいな、ちっこい奴)という種族で、
何故かシーフで頑張っていたあの頃。

適正を生かし、おとなしく白魔道士にでもなってれば大人気だったろうに、
なぜかシーフが気に入ってしまい、頑張っておりました。
あの時も、パーティに入れてもらうのに一時間とかザラにかかってたっけ。

「・・・故郷に帰ろう」

そう思い、僕は命からがら到着したオルフェアを立ち去ろうとしました。
さらば大都会。さらばパーティプレイ。
スライム一万匹くらい狩ったら、僕もメラ程度のダメージは出せるかな(‘A`)

そんな時、また別の場所から「レベル上げ行きませんかー?」と声が聞こえてきました。
詳しく調べると、僕よりレベルが6~7も上の魔法使い様のパーティです。

最後の記念に、参加希望を出してみます。

「こちらレベル10の武道家です。レベル差あって申し訳ないんですが、
 パーティ入れてくれませんか?」

返事まで、やや沈黙。
―――その後、

「いいですよ」

との返事が。マジ神。魔法使い様、マジ神。
メラは強いし、ヒャドも強い。おまけに心も広い。マジ無敵。

正直、嬉しかったです。
あと感動のあまり、少しチビッた。

さらにこのパーティ、レベルの低い僕に合わせて
狩場まで少し弱い敵が出る場所に移動してくれました。
効率だって、悪いだろうに・・・。

結局1時間半ほど、遊んで頂きました。
レベルが2つ、上がりました。

更にパーティの一人と、フレンドにもなって頂きました。
都会には辛いこともあるけれど、嬉しいこともありました。

なんとなく、秋田から就職を機に上京した時のことを思い出しました。
初めての土地、初めての社会人生活。
辛いこともあったけど、中の良い同期も出来て、楽しいこともたくさんありました。

所詮ゲームと言われるドラクエ10だって、
そこには現実と同じように、人がいて。空があって。

きっとまだまだ、楽しいことがあると思います。
だから僕は、僕のペースでまったりと遊んでいきます。

楽しいよ、ドラクエ10。

洋菓子ゲーム
応援頂けると励みになります!

洋菓子ゲームTwitterでのRTも凄く嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena
【スポンサードリンク】

有料ホイミで生き残りを図る、とある武道家のお話。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>