【ポケモンGO日記その4】幻のニョロボン

ポケモンGO日記_ ニョロボン

もし仲の良い友人や兄弟なんかが「UFOを見た!」とか「幽霊を見た!」とか、そんなことを必死に伝えてきたら、あなたは信じるだろうか。おそらく僕は「まさかー」なんて適当に返事をして、相手にしないと思う。彼らがいかに「いや、ホントだって! 俺は西の空の向こうに確かにUFOを見たんだよ!」とか力説しようとも、僕は「ハイハイ。モルダー、あなた疲れているのよ」なんて返事をして、適当にあしらってしまうと思う。

でも今だけは、誰がどんなことを言ってきても信じてしまいそうな気分だ。友人が「UFOを見た!」なんて叫んだら熱心に話を聞いて詳細なレポートにまとめて、どこかのお偉いさんが所属する学会に殴り込みに行ってもいい。だからお願いだ、僕の話を信じてくれ。

自宅前のポケスポットにニョロボンが出たんだ。

ポケモンGO日記_ ニョロボン

あれは昨日の夜20時過ぎだっただろうか。その日も僕は必死で自宅周辺に出没するドードーを捕まえていた。僕のポケモンバッグにはもうそりゃあ凄い数のドードーが眠っていて、別にこれ以上捕まえる必要も無い気さえする。それでもどんなポケモンをゲットしてもプレイヤーへの経験値が貰えるわけなので、せっかく出現したポケモンをスルーするわけにもいかない。僕はもはや惰性でドードーをゲットし続けていた。

ブルルッ! またスマホが震えた。「ああ、またドードーさんがいらっしゃったのね」と思い、僕はスマホを手に取る。そしてゲーム内のマップを回転させ、出現したポケモンを確認しようとした途端、思わず手が止まった。

違う、いつもの2本首のアイツじゃない。なんだ、こいつは。

筋肉がムキムキと盛り上がった2本の腕を見て、一瞬ゴーリキーかなと思った。でも違う。僕の目の前に現れたこいつには頭が無くて、代わりに目が飛び出ている。そして胴体にはグルグル状のうずまきが。間違いない、こいつはニョロボンだ!

ポケモンGO日記_ ニョロボン

久しぶりの新ポケモンに僕のテンションは一気に上がった。こうしてブログで日記を書いてるんだからスクショの1枚でも撮れば良かったのに、そんな考えすら僕の頭からすっかり抜け落ちていた。僕は画面に映るニョロボンをタップして、すみやかに捕獲体勢に入る。

ポケモンGOのBGMが変化して、画面にニョロボンがデカデカと表示された。CPは”?”と表示されていたことを覚えている。どれほど強いかは分からないが、ニョロボンといえば、ニョロモからニョロゾを経て進化するポケモンだ。水属性+格闘属性を持ってるんだから、少なくとも我が家の主力であるドードーよりは強いに違いない。ゲットしたい。これはぜひともゲットしたい。

僕は一度深呼吸をして、右手で持つモンスターボールに力を込める。気合いを込めて、「とりゃあ!」と一投。判定はNICE! 僕の投げたモンスターボールは見事ニョロボンにヒットし、ボールから放たれた光がヤツをあっという間に包み込む。ボールが地面に落ちて、揺れること1回……2回……あぁっ、ゲット失敗!

なんの、モンスターボールはまだ200個以上持っている! 僕は続けて2投目を投げようと振りかぶったその瞬間、画面からニョロボンの姿が見えなくなってしまった。……なんのことはない、逃げられてしまったのだ。

ポケモンGOでポケモンに逃げられたのはこれが初めての体験であり、正直逃げられるとは思ってなかった。今思えば僕の中で無意識に「逃げるポケモンっていうのはケーシィぐらいだろ」という、ゲームボーイ版の経験から来る慢心があったのかもしれない。とにもかくにも、僕は千載一遇のチャンスを逃してしまった。

その晩、僕は鼻息を荒くして、仕事から帰宅してきた嫁ちゃんにこの事件のことを話した。

ポケモンGO日記_ ニョロボン

「だから僕は見たんだっ! ニョロボンがいたんだっ!」
「まさかー。ウチにはドードーしかいませんよ」
「いや、ホントだって! 僕は確かにベランダ、そう、家のベランダでニョロボンを見たんだよ!」
「ハイハイ。あなた、家に引きこもりすぎて疲れているのよ」
「違うんだ! そこに確かにニョロボンがいたんです! 信じてくださいっ!」
「……スクショは撮ったの?」
「……いえ、撮ってません。無我夢中で撮り忘れてしまいました……」
「……ほかに証拠は?」
「ありませ……いや、僕の目を見てくださいっ!」
「濁ってますね」
「いや……あの……!」

残念なことに、僕の話は全く信じてもらえなかった。

ーーー今の僕はUFOだって、幽霊だって、ネッシーだって信じる。カッパもテングも座敷童も、ツチノコだってみんな信じる。だからお願いだ、あなたもどうか僕の話を信じてほしい。

そこにニョロボンがいたんだ……いたんだよぉ……! くぅぅぅやぁぁぁしぃぃぃぃよぉぉぉぉぉ!!

The following two tabs change content below.
洋菓子

洋菓子

気になったゲームの話題をマイペースで紹介する「その日草子」というブログを運営中。大作RPGから格ゲー、ギャルゲーまでジャンルを問わずゲームを愛するアラサー♂。けどホラーだけは苦手。お気に召した記事があればTwitterやはてな等でシェア頂けると凄く嬉しいです(・ω・)
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena
【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>