スプラトゥーン。君と僕のamibo戦争。

20150528_224518

いくつになってもゲームの発売日というものはワクワクする。発売日が近づくにつれ、自分でもよく分からない高揚感に包まれるものだ。

これほどまで発売日までワクワクしたゲームはいつぶりだろう。それほど僕はスプラトゥーンが楽しみだった。

ゲームを発売日に買えるというのはとても幸せなことである。なんとなくテレビを見てたらゲームのCMが放送されて、「最新作! 絶賛発売中!!」てな感じで煽ってて、ふと我が家のゲーム棚を見るとそのゲームがおしとやかに鎮座してたりするとニヤニヤしてしまうのは僕だけだろうか。

最近はDL版の発売も珍しくないが、僕はパッケージ版が好きだ。新しく買ったソフトをゲーム棚に並べる時のワクワクが好きなのだ。TwitterなんかでDL版のユーザーが先行してプレイする様子は正直めちゃくちゃ羨ましいけど、比べるならやっぱりパッケージ版だ。

というわけで発売日の今日、ソフトはつつがなく近所のゲームショップで予約済み。しかし問題が一つ残っている。そう、「amiboどうすっかな」問題である。

amiboはガール、ボーイ、イカの3種類。それぞれ手に入れるとゲーム内で装備できる武器やギア(洋服)のアイテムが貰えるらしい。詳細はわからないが任天堂のゲームなので貰えるアイテムが壊れ性能ってことはないだろうと思う。となると単なるオシャレなのかなー。どうしようかなー、なんて迷う訳だ。

ご存知の通りamiboは全体的に品薄が続いている。amazonなんかを見てもamiboがプレミアム価格で販売されているのが日常茶飯事だ。幸い、1番人気のガールはamazonで正規価格にて手に入れることができた。問題はボーイとイカである。どうすっかなー。買っちゃおうかなー。

夕方、ゲームショップにソフトを取りにいく。レジに向かう途中なんとなくショーケースを見ると、なんということだろう。ボーイとイカが残り1つずつ。定価で売られているではありませんか。あらあらこれは奇跡か、それとも神の思し召しか。我が家もガールだけだと納まりが悪いし、ここは一丁、揃えてしまいますか。

a1400_000293

なんて思った時である。ふと気づくと、ショーケースに一人の少年の姿が写っていた。位置的に、僕の斜め後ろぐらいに立って、背中越しにこちらを見ている。小学3〜4年生くらいだろうか。なんだか仏頂面というかしかめっ面でこちらを見ている。その手にはスプラトゥーンのソフトが握られていた。ふむ、なるほど。

僕は状況を理解してそっとボーイとイカのamiboを手に取った。するとショーケースに映った少年の目はたちまち丸くなり、そわそわと視線を遠くにやった。そっとその先を見ると、少年のお母さんらしき人物がゆっくり歩いている。

僕は手にとったamiboのパッケージの表裏を「ふむふむ」と眺める。なるほどなるほど、これがあると武器や洋服が手に入るのかー。なるほどー。魅力的だなー。欲しいなー。買っちゃおうかなー、なんて眺める。

少年がショーケース越しにこちらを見ているのが気配で分かった。手に持っているスプラトゥーンがプルプル震えてる。その間、10秒くらいだろうか。なるほど、少年。君の気持ちはよく分かった。

僕は手にしたボーイとイカのamiboをショーケースに戻した。そしてさも「僕は興味ありませんよ?」的な雰囲気を出しながらその場を去る。僕が背中を向けるや否や、小さな足音がバタバタとショーケースに向かっていった。そして次の瞬間。

「おかーさん! あった! あった!」

嬉しそうに叫ぶ少年の声。

「おかーさん!! はやくっ! はやくっ!」

ちくしょう。嬉しそうに叫びやがって。そんなに露骨に叫ばれたら、こっちだって嬉しくなっちまうじゃないか。

僕は一人、笑いを噛み殺しながらレジへ向かう。

ゲームの発売日は誰だって嬉しい。君も僕も同じゲームを買う。小学生の君と30歳の僕は「オトナトコドモ」だとか「シャカイノクウキ」だとか、そんな正体不明のモンスターのせいで友達にはなれないけど、同じチームで戦うことがあるかもしれないね。その時はよろしく。ボーイやイカのamiboで貰える服を来た君に会えたら嬉しいだろうな。

レジに進み、予約した旨を店員さんに伝える。店員さんが慣れた手つきで会計を進める。

「5400円(適当)でーす」
「はい、えーっと……」

僕は財布からお金をゴソゴソと取り出し……あぶねえ! 財布に6000円しか入ってねえじゃん! あっぶねえ! amibo買えないじゃん! あっぶねええ!! ありがとう少年。僕は逆に、君に助けられたみたいだ。

帰宅途中、改めてゲームの発売日は幸せだなと振り返る。ゲームを買うだけでこんな楽しいことが起きるものだ。実際に遊び始めたら僕はどうなってしまうのだろう。

というわけでスプラトゥーンに参戦します。「ようがし」という名前で遊ぶと思います。TPSはそれほど得意じゃないけれど精一杯楽しみたいので、もしマッチングしたら皆様、宜しくお願いします。

The following two tabs change content below.
洋菓子

洋菓子

気になったゲームの話題をマイペースで紹介する「その日草子」というブログを運営中。大作RPGから格ゲー、ギャルゲーまでジャンルを問わずゲームを愛するアラサー♂。けどホラーだけは苦手。お気に召した記事があればTwitterやはてな等でシェア頂けると凄く嬉しいです(・ω・)
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena
【スポンサードリンク】

スプラトゥーン。君と僕のamibo戦争。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>