有り余るこの元気。

80453954

気付けば元気が有り余っている。元気といっても、実際の元気じゃない。ドラクエ10に登場する元気玉というアイテムのことだ。

非常に今更だけど念のために説明したい。ドラクエ10はゲームにログインしていない間は「元気チャージ」というものが溜まっていく。例えば10時間ログインせずにいると、元気チャージも10時間分溜まる。溜まった元気チャージは一定時間、経験値(もしくは職人の経験値)が2倍になる元気玉というアイテムと交換できる。このシステムのお蔭であまりログインできないユーザーも、元気玉を活用して短時間でレベル上げができたりする。非常にありがた~いシステムなのだ。

ところがここ最近、この元気チャージが有り余ってしまっているのだ。元気玉と交換してしまえば良いのだが所持できる元気玉にも限界がある。最大数まで交換してしまった後はいくら元気チャージを貯めようとしても440時間以上は溜まらない様になっている。端的に言えば、非常にもったいない状況になってしまった。

a1020_000172

となると一般的には「元気玉をたくさん使って思いっきりレベル上げをしましょう!」となるわけだが、どういうわけだか現時点の僕はメインの武闘家でレベル60前半という位置が非常に心地よく、特にレベル上げをしようと思わないのだ。現バージョンの最大レベルは75まで育つが、そこまでの道は非常に長く険しい。60前半のレベルというのは、世界の大抵の場所は気ままに歩けるが、強い敵にはどうすることもできずに倒されてしまう。そんな状況がかえって冒険の様に思えてしまい、現状で満足してしまっている。

唯一気になっているのは、魔法戦士という職業だ。今はレベル30なんだけど、これを40ちょっとにすると全職業にてHPがプラス20されるスキルを得ることができる。非常に効果的で強力なボスと挑む際には必須ともいえるスキルだが、オルフェアに生息する豚さんを時折倒す程度しか戦闘をしていない僕には無用のスキルともいえる。なんというか、ぼんやりとドラクエ10の世界を散歩することが好きなのだ。

a0001_000180

「じゃあ職人レベルを上げましょう!」という声が聴こえてきそうなんだけど、職人もなぁ・・・とあまり気が乗らない。ツボ職人がレベル35になった時点である程度満足してしまった。元気チャージが有り余っているというのに、僕のドラクエ10生活はまるで老後の生活を持て余すお爺ちゃんのようだ。ゆっくり寝て・・・たまに近所を散歩して・・・そして、時々豚さんの様子を見てまた寝る。実際の老後生活もこんな気ままに過ごせたら最高だろうなあと考えてしまう。

さてさてこの元気をどう使ってやろうか。これを書いている間にもチャージしきれなかった元気を垂れ流しているようなものだ。いっそ元気玉を必要としているプレイヤーに売却できないものかと考えたが、流石に色々マズイことになってしまうので難しいだろうなあ。

The following two tabs change content below.
洋菓子

洋菓子

気になったゲームの話題をマイペースで紹介する「その日草子」というブログを運営中。大作RPGから格ゲー、ギャルゲーまでジャンルを問わずゲームを愛するアラサー♂。けどホラーだけは苦手。お気に召した記事があればTwitterやはてな等でシェア頂けると凄く嬉しいです(・ω・)
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena
【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>