『360デート おさななじみ』プレイレビュー。ラストワンシーンの瞬発力が光る!


360デートおさななじみ_感想&プレイレビュー

『360デート おさななじみ』を遊んだので、感想でも

前々から気になっていながらもついつい遊ぶ機会を逃していたPSVR『360デート おさななじみ』をこのたび、ようやくプレイしました。本作はゲームというか、VR空間の中で360度自由に見回せる映像作品って感じですね。10分ほどの短い作品ですが、ラストワンシーンの破壊力が凄まじかった。もう、そのためだけに1,000円出したかなって感じですね。

【参考記事】
『360デート おさななじみ』公式紹介ページ

あなた目線で、女の子とのデートを体感するデート・ドラマシリーズ。

360デートおさななじみ_感想&プレイレビュー

【初期設定】
今回のあなたは、ぷーすけ(高校2年生・サッカー部)です。
あなたは、足をケガしてしまい、レギュラーから外されて落ち込んでいます。
そんなとある高2の夏の、学校の帰り道から物語はスタート。
ヒロインは、おさななじみの美咲(石川恋)。「あのころ、一緒にいるだけで、青春だった」
そんな淡い青春VRを、あなた目線でお楽しみください!

【スポンサーリンク】

後ろから呼びかけられたりと、VRらしい遊びも楽しめる

前述の通り『360デート おさななじみ』は映像作品なので、あまり展開に触れるのもアレなんですが、後ろから突然声をかけられたり、別の美人に見とれていると怒られたりとVRっぽい仕掛けがいっぱいありました。

それと実際の映像には出てきていませんが、”あなた”役の栗原卓也さんは身長178cmということで、そのくらいの高さの目線で女の子を見れるというのも、身長166cm(ぐらい?)の僕には新鮮な体験でした。これまでの人生で身長に困ったことなんて、実家の食器棚の上の段に手が届かなくて面倒だとかそれぐらいにしか感じたことありませんが、「これがモテる身長の世界か・・・!」なんて思ってみたり。

10分ほどで終わってしまうので、この体験に1,000円払えるかどうか賛否分かれそうですが、個人的には「新鮮な体験だったこと」と冒頭述べた通り「ラストシーンの”やられた!”感が印象的だったこと」の2点から、遊んで良かったと思ってます。

PSVRはまだまだ品薄が続いてますし、高額なので中々遊ぶ機会は少ないかもしれませんが、もし機会があればオススメしたい一本でした。くあー、青春してえなあ(白目)

関連記事

The following two tabs change content below.
洋菓子

洋菓子

本職はゲームライター。お仕事とは別に、個人の趣味でゲームの話題に触れていくブログ「その日草子」を運営中。大作RPGから格ゲー、ギャルゲーまでジャンルを問わないアラサー♂。けどホラーだけは苦手。お気に召した記事やお役に立てた記事があればシェア頂けると喜びます(・ω・)
スポンサーリンク