PSVR初日の感想とレビュー。購入前の検討事項などなど。

PSVR_レビューと感想

PSVR初日のレビューと感想

昨晩、2時間ほどPSVRで遊ぶことができました。まだまだこれから色々と書いていくつもりですが、とりあえずは初日のレビューと感想ということでまとめておきます。また、今回のPSVR発売をきっかけにPSVRが欲しくなっちゃった方々のために、購入前に知っておくと良さ気なことにも触れておきます。参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】

PSVRを買ってよかったこと

一度ゲームオンで遊んでいるので、発売前からある程度はPSVRがどんなものかはわかっていたつもりですが、やっぱり会場で試遊するのと自宅で体験するのとでは大違いでして、家でこのVR体験ができるというのは本当にすごい。文字通り、ゲームの世界に入ってしまったかのような没入感と臨場感に大興奮してしまいました。「うあーっ! うあーっ!!」って感じ。普通に感動と衝撃で叫びたくなるw

このvrならではの体験というのは、やはり実際に遊んでみないと中々伝わりづらいと思います。この魅力がどこまで広まるかで、vrの普及スピードが変わりそう。とはいえVR文化はまだまだこれから。昨日のPSVR発売日は家庭用ゲーム史においても、「グラフィックがより綺麗に! 」というこれまでとはまた別次元の進化を体験できた歴史的な日だったのではないでしょうか。うーん、まさにvr元年。

PSVR_レビューと感想

シネマティックモードが意外と面白い!

PSVRに対応したソフトはまだまだ少ないですが、「シネマティックモード」を使うと、既存ゲームも全てPSVRを通して遊べるようになります。イメージ的には映画館の大きなスクリーンを独り占めしてゲームを遊んでる感じ。当然、解像度はディスプレイを通して遊ぶほうがキレイなのは間違いありませんがVRは前述の通り、、没入感と臨場感が最大の魅力。お気に入りのゲームのムービーシーンとかPSVRを通して見ると、これまでとはまた違った迫力になりそうです。

個人的にはミクさんをシネマティックモードで遊ぶのが凄く楽しい!こういう音ゲーとVRの相性は物凄く良さそうだと感じました。それとこの「シネマティックモード」ですが、HDMI出力に対応しているのであればPS4以外の機械の映像も移せるようです。実際に僕はwiiUのスプラトゥーンをPSVRに映してプレイすることができました。これは嬉しい誤算でPSVRの用途が一気に広がったと思います。

PSVR_レビューと感想

PSVRの課題と購入前に知っておくといいこと

とまあ、ベタ誉めしてるPSVRですが、やっぱり気になる部分もいくつかあります。これから購入を検討している方は参考にしてください。

その1 やっぱり価格が高い

ヘッドマウントディスプレイの最新機器としては安いのかもしれませんが、やはり定価約5万円前後というのは高いです。この値段だけ見ると「PS4本体より高い周辺機器ってなんやねん」とは率直に思います。価格は数年したら下がってくるでしょうけど、現時点ではお財布と相談しながら「欲しい時が買い時」だと考えるしかないので、本当に5万円を出すことに後悔しないかよく考えたほうがいいでしょう。(参考までに、今の所僕はPSVRを買ったこと、全然後悔してません。超楽しい)

その2 Youtubeなどで視聴できるPVよりも、実際のPSVRは画質が落ちる

公式PVではめっちゃ綺麗なグラフィックで紹介されてるPSVRのゲームですが、実際に遊んでみると「グラフィックが少しボヤけてるかも」と感じる方が多いかと思います。画質の許容範囲というのは人それぞれなのでなんともいえませんが、過度の期待をしてしまうと肩透かしを喰らうかもしれません。(個人的には十分遊べるレベルですが)

またVRの見え方自体にも個人差があるため、購入前には一度、どこかで体験しておくのがベストでしょう。大手家電量販店であれば今後もPSVR体験会を開いてくれるかもしれません。もしくは、すでにPSVRを購入した友人などがいれば「遊ばせてー」と茶菓子のひとつでも持って遊びにいきましょう。

その3 テレビ周辺の配線がさらに多くなる

意外と重要なのが、この配線問題。PSVRで遊ぶには専用機器をPS4本体に接続する必要があります。(以下の動画がイメージしやすいでしょう)

ゲーム機やディスプレイ周辺の配線がごちゃごちゃしてる人は多いと思いますが、PSVRを購入することでその配線がさらにカオスになります。特にゴーグルと接続するケーブルは一般的な映像ケーブルよりも太いので中々存在感があります。毎回片付ければ良いのかもしれませんが、さすがにおっくう。何か良い案はないかと昨日からずっと配線のことばかり考えてます。

さらにこれはPSVRというよりPS4本体の問題で、本体発売日からずっと言われていることなんですが、PS4には本体背面にUSBポートがありません。(これは初期型も、最近発売された新型も同様)PSVRを使用するにはPlayStation CameraをPS4本体にUSBで接続する必要があるんですが、本体前面のUSBポートから繋ぐしかないため、下の写真のようになります。

PSVR_レビューと感想

正直、これは超カッコわるい。せっかくのクールデザインが台無し。特に我が家はリビングにPS4を置いているため、お客さんが来た時に美観を損ねるのではという懸念があります。まあ誰も来ねえけどな。

なぜ本体背面でUSB接続ができないのかと問い詰めたいレベルです。ちなみに来月発売される高機能版のPS4 Proは本体背面でUSB接続ができるようです。超羨ましい。そのためだけに5万円出してPS4を買い替えたいぐらい羨ましい。ついでにPSVRの画質もアップするだろうし。

PSVR_レビューと感想

色々述べたけどPSVRが楽しいことに間違いはない!

色々好き勝手言いましたが、今の所僕はPSVRがもたらした新しい体験をめちゃくちゃ楽しんでいます。とりあえず週末はVR漬けになりそう。現実世界に帰ってこれるか心配ですが、もしこのブログの更新が途絶えたら、そういうことだとお察しください。

「サマーレッスン」や「初音ミク Project DIVA X」、「ダンガンロンパ」など、各ソフトの感想はまた後日。今回はとりあえずPSVR全体を通しての感想ということで。

PSVRはまだまだ品薄状態ですが年内の追加供給もありそうなので、興味がある人はぜひ情報を色々とチェックしてみてください。Twitterなんかでご連絡いただければ、僕でわかることであればご協力致しますー。

The following two tabs change content below.
洋菓子

洋菓子

気になったゲームの話題をマイペースで紹介する「その日草子」というブログを運営中。大作RPGから格ゲー、ギャルゲーまでジャンルを問わずゲームを愛するアラサー♂。けどホラーだけは苦手。お気に召した記事があればTwitterやはてな等でシェア頂けると凄く嬉しいです(・ω・)
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena
【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>