所持金は3,000ゴールド

ドラクエ10 所持金

些細な疑問で恐縮なんだけども、ドラクエ10を旅する冒険者は
普段どれくらいのお金を持ち歩いているのだろう。

ドラクエ10では冒険中に不運にも力尽きて教会に戻ると、
ペナルティとして所持金が力尽きた際のレベルに応じて減ってしまう。
例えば50レベルの状態で力尽きた場合は、所持金の50%が
ペナルティとして没収されてしまうのだ。

低レベルであればそれ程大きな金額にはならないが、高レベルの
冒険者にとっては無視できない要素である。なんせ50%といえば半分だ。

極端な話、100万ゴールドを持ってたら50万ゴールドを失うということだ。
50万ゴールドといったらそりゃあもう、物凄い大金だ!
そんなお金があれば、現在僕がメインとして装備している防具の頭から
足まで一式揃えて丸々4セット買ってもまだお釣りが返ってくる程だ。

もし50万ゴールドもの大金を失ったら、僕はゲッソリと落ち込んで総白髪となり、
何十年も床に伏してしまうかもしれない。

そして達筆な筆で『病』と一文字だけ書かれた掛け軸を壁に飾り、
浮わ言のように「50マン・・・ワシの50マン・・・」と呟きながら
痩せ細った腕をプルプルと上げるも、その手は虚しく空を掴み、
やがて静かに目を閉じて息を引き取るのだ。
その目には、うっすらと涙の跡が・・・。

嫌だ。そんな老後は嫌だ。
ただでさえ少子高齢化が叫ばれ、年金や介護とお先真っ暗なんだ。
せめてゲームだけは、ゲームだけは光輝いて欲しいじゃないか。
明るい未来に就職希望だわWow Wow Wow

ドラクエ10 所持金

とか色々絶望に浸ってしまったが、100万ゴールドもの大金は持ち歩かず、
きちんと預り所に預けておけば良いだけである。
更に言えば、僕は100万どころか10万ゴールドも持っていなかった。
良かった。本当に良かった。これで孤独な老後は回避することができた。

悲しい末路を辿らぬよう、大金は預り所に預けておくことが一番だ。
とはいえ所持金を全て預けて、一文無しで冒険に行くのも不便なものである。
お金が無いと道具屋でアイテムも買えないし、電車にも乗れないし、
長旅でやっと見つけた宿屋にも泊まることができない。
現実と同じだ。お金は大事なのだ。

冒頭に出した持ち歩く所持金についてだけど、
僕は少し余裕をもって3,000ゴールドを目安に持ち歩くようにしている。
これなら宿代も問題なく払えるし、道具屋で多少アイテムをまとめ買いしても大丈夫だ。
万が一全滅しても寝込む程の被害額にもならない。
いや、決して全滅して良いわけじゃないけどさ。

ドラクエ10 所持金

拠点としているオルフェアの街は、今日も多くの冒険者が行き交っている。

僕はベンチに座りながら、広場に集まる彼らはいったいどれ位の所持金で
冒険に出かけているんだろうと思いにふける。
人様の財布の中身を想像するなんて決して褒められたことじゃないと思うんだけど、
気になってしまうのだから仕方ない。

幸運にもお宝に恵まれた盗賊は財布をジャラジャラと鳴らしながら悠々と歩いているかもしれない。
反対に、新しい剣を奮発して買っちゃった戦士さんのお財布は軽そうだ。
チャリンチャリンと少し寂しげな音を鳴らしているのかも。

そんな想像をしてひとしきり楽しんで満足した僕は、
「よっこらせ」とベンチから立ちあがる。

懐にしまったルーラストーンを取りだしてグ~っと空に掲げた。
行き先は港町レンドア。最近、ツボ錬金を始めました。
毎日、ツボ錬金のマスターに顔を見せては小さなお仕事を回して頂いております。

ピュ~ンピュ~ンピュ~ン。

ルーラ特有の音がして僕は空に吸い込まれた。
その音に紛れ、僕の財布がチャリンチャリンと小さく音を鳴らして付いてくる。

・・・お金を稼ぐって大変です。

預り所といえば、こんな話もありました。
預かり所での攻防。

洋菓子ゲーム
応援頂けると励みになります!

洋菓子ゲームTwitterでのRTも凄く嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.
洋菓子

洋菓子

気になったゲームの話題をマイペースで紹介する「その日草子」というブログを運営中。大作RPGから格ゲー、ギャルゲーまでジャンルを問わずゲームを愛するアラサー♂。けどホラーだけは苦手。お気に召した記事があればTwitterやはてな等でシェア頂けると凄く嬉しいです(・ω・)
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena
【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>