Android版『マリオラン』をプレイ。簡単な感想などを。


Android版マリオラン

Android版の『マリオラン』、待ってましたー!

本日、任天堂からAndroid版の『マリオラン』が配信になりました。以前iPhone版が配信された時、手持ちのサブ端末からちょっと遊んだものの、やっぱり使い慣れたメインのAndroid版での配信を待とうということで、しばらく様子見してました。

とりあえず数回遊びましたが、無料での配信がびっくりするくらいハイクオリティ。うーん、さすがマリオ。裏切らないなぁ。

【スポンサーリンク】

基本はオート操作。ジャンプのタイミングだけに集中できる

Android版マリオラン

Android版マリオラン

『マリオラン』のマリオはオートで勝手に前進し、目の前にクリボーがいても低い跳び箱を超えるように「よっこらせ」とやり過ごしてくれます。過去作のマリオで何度もクリボーに体当たりしてやられていた僕としては、クリボーをジャンプしなくてもOKっていう仕様に最初は戸惑いましたが、慣れると快適にプレイできました

たぶんこれ、開発当初は従来作品通りジャンプで避ける仕様だった気がします。でもそれだとジャンプでタップする回数が増えて忙しいし、かといってクリボーのような敵を減らすとコース自体が寂しい感じになっちゃうし、こんな感じになったんじゃないかなー。それにクリボーを飛び越えている間にジャンプすると、より高く飛べるっていうのも面白い。

あと最近のマリオって、壁ジャンプも普通にできるんですよね。ファミコン〜スーファミ世代でマリオを遊んだ僕としては、ここも進化してるなあって感じた要素。でもよくよく考えたら、2〜3年前にプレイしたwii版のマリオも壁ジャンプしてたな・・・。もう10年も前から壁ジャンプしてるのか、マリオって・・・。

Android版マリオラン

Android版マリオラン

全モード遊び放題で1200円は普通に良心的だと思う。

iPhone版の『マリオラン』が配信された時に論争が起きたので今更っちゃ今更なんですが、すべてのモードが1200円で永久に遊び放題っていうのは、めちゃくちゃお買い得だと思います。

ソシャゲのガチャを引くより高い満足度が得られる可能性が高いし、その満足度が持続する時間も長い。もちろん1200円でガチャを引いて超絶レアなカードが引けたらとっても嬉しいけど、イベント期間が終わると性能が下がっちゃったりしたら、また新しいカードが欲しくなるわけで。『マリオラン』はその点、1200円っていう天井が最初から見えているから、良心的です。

まあそもそも、ソシャゲと買い切りゲームを比較すること自体ナンセンスだけどね。ソシャゲの「今、これを引き当てたい!」っていう欲求と、見事引き当てた時の「ドヤ感!」はプライスレスだから。

ソシャゲは4〜5年前に「拡散性ミリオンアーサー」を頑張った以来、ご無沙汰してるなあ。お仕事の関係でここ1年にリリースされたソシャゲ100本近くプレイしてるけど、未だに自腹切ってまでやろうと思ったのには出会えてないです。Wright Flyer Studiosの『アナザーエデン』ぐらいかな、ピンと来たのは。まあこれについては、リリースされたら別記事で取り上げるかも。

関連記事

The following two tabs change content below.
洋菓子

洋菓子

本職はゲームライター。お仕事とは別に、個人の趣味でゲームの話題に触れていくブログ「その日草子」を運営中。大作RPGから格ゲー、ギャルゲーまでジャンルを問わないアラサー♂。けどホラーだけは苦手。お気に召した記事やお役に立てた記事があればシェア頂けると喜びます(・ω・)
スポンサーリンク