ポケモンカード、チャンピオンズリーグ2018横浜大会を振り返って


ポケカ_2018横浜

2018ポケカ横浜、行ってきたぞー!

9月3日、パシフィコ横浜で開かれた「ポケモンカードゲーム チャンピオンズリーグ2018横浜」に参加してきました。縁あって、ポケモンカードを始めたのが今年の7月。それからチマチマと拡張パックを買いそろえたり、Youtubeに上がっている関連動画をみたりしていました。カードショップで定期的に行われている公式大会「ジムバトル」にも1度だけですが、参加しました。

今回の横浜のような全国大会のメインイベントは、自分にとってまだ早かろうとは思っていましたけど、別に失うものがあるわけでもないし、こんな大きなイベント、次回参加できるっていう保証もありません。というわけで、ほぼ勢いで横浜に行ってまいりました。

詳しくはこれから書き連ねていきますが、めっちゃ楽しかった。行って良かったです。

【スポンサーリンク】

2018横浜大会には、「ブルルキャノン」デッキで参加しました

今回の横浜大会は、新弾の「サン・ムーン」シリーズと旧弾の「X・Y」シリーズのカードを組み合わせてデッキが組めるため、想定されるデッキのバリエーションが、1つのデッキでカバーしきれないほど多い! それでも大会中のデッキ変更は認められていないため、多くの参加者がどのデッキを使えば安定して勝ち抜けるかどうか、悩みまくっていたと思います。

そんな中、僕はカプ・ブルルGXとクワガノンを主体にした、いわゆる「ブルルキャノン」デッキで横浜大会に参加しました。このデッキを選んだ理由はとってもシンプル。これしか持ってないから(笑)選択肢が一つしかないのであれば、悩む必要などまったくないのです。

ブルルキャノン_デッキレシピ

【チャンピオンズリーグ2018横浜 ブルルキャノン デッキレシピ】

●ポケモン
・カプ・ブルルGX 3
・アゴジムシ 3
・デンヂムシ 1
・クワガノン 3
・カプ・テテフGX 2
・ウソッキー 1
・オドリドリ(あやかしのまい) 1

●サポート
・プラターヌ博士 4
・N 2
・フウロ 2
・センパイとコウハイ 1
・アセロラ 1
・グズマ 1
・リーリエ 1
・オカルトマニア 1
・アズサ 1

●グッズ
・ハイパーボール 4
・バトルサーチャー 4
・ふしぎなアメ 3
・闘魂のまわし 2
・かるいし 2
・エネルギーリサイクル 2
・こだわりハチマキ 1
・フィールドブロアー 1
・レスキュータンカ 1
・ヘビーボール 1

●エネルギー
・基本草エネルギー 7
・基本雷エネルギー 4

デッキ作成については、こちらのページが大変参考になりました。

このデッキには、「2ターン目にクワガノンに進化させて、カプ・ブルルで殴る」という分かりやすい戦法が構築されていて対戦初心者でも方針を見失わないこと、特性「ストロングチャージ」で毎回、自分の山札が確認できるのでプレイミス(プレミ)を抑止しやすいことっていう2つの利点があります。加えて、主力となるカプ・ブルルGXは、カプシリーズの特権として弱点属性がありません。対戦相手のデッキが分からず、本番一発勝負な横浜大会において、これは見逃せないリターンです。

ブルルキャノンデッキが現在の環境に通用するかどうかも、以下のように考えてみました。素人考えではありますが、そこまで絶望視するようなものではなかったんじゃないかなと思っています。

・サーナイトGXデッキ
└日本大会と世界大会を制した、環境トップ筆頭デッキ。特に主力のサーナイトGXはHPが高く、ブルルでは「しぜんのさばき」(エネトラッシュ)&「こだわりハチマキ」を組み合わせても、ワンパンで倒せない。っていうかHP240をワンパンできるって、相当限られてる。ということは、ツーパンで倒すのが主流。こう考えた時、ブルルは、技のエネトラッシュで、サーナイトGXの「インフィニットフォース」の火力を下げることが可能。ツーパンで倒すほかのデッキよりも、若干戦いやすいか。

・夜の行進デッキ
└対策カードとして、オドリドリを採用。本当はカリンも入れたかったけど、どうしてもスペースが作れなかった。

・グソクムシャGX、ゾロアークGXデッキ
└どちらも「しぜんのさばき」(エネトラッシュ)&「こだわりハチマキ」でワンパンが狙える。どちらも強いけど、ちゃんとカウンター取れるようにブルルを育てておけば大丈夫。ただしゾロアークGXのみ、相手のGX技でこちらのブルルがワンパンされるから、ケアが必要。

・ボルケニオンデッキ
└まだまだ強いけど、ブルルの火力だって負けてない。ちゃんとクワガノンが立てば渡り合える。

・ガマゲロゲEXデッキ
└ブルルが草タイプなので、弱点を付ける分有利。

・ルガルガンGXデッキ
└同じくブルルの草タイプで弱点が付ける。HP70イワンコだって、草エネひとつ&「とうこんのまわし」でワンパン狙えるのが強い。

・その他のデッキ
└僕のカード知識が乏しくて、戦法を知らないから対策の立てようが無い\(^o^)/

そんなわけで、横浜大会のマスターリーグに突撃!

そんなわけで、以下大会結果です。

・1戦目 サーナイトGXデッキ(敗北) 50〜60代のお父さん
└いきなりのサーナイトGX登場。お相手の方は息子さんと一緒に参加されているとのこと。当初のプラン通り、ブルルの技をエネトラッシュして、サーナイトGXの火力を下げるように務めるも、相手から良い感じにアセロラとオカルトマニアが飛んできて体制を作れず。見事なまでに完敗。

・2戦目 ソーナンス(パーティアタック)&ネクロズマGXデッキ(敗北) 50〜60代のお父さん
└お相手は、またしてもナイスミドルなお父さん。ただしデッキはまったくの別物。ベンチにウソッキーを配置したので、ソーナンスの火力が下がるものの、クワガノンが3ターン目になっても立たず。そうこうしてる間にネクロズマGXのGX技を決められて、ベンチのテテフGX2体が瀕死。そのままソーナンスに沈められて2敗目。

・3戦目 ゲロゲジュナイパーデッキ(勝利) お兄さん
└開幕2連敗で後が無くなった3戦目。最初の手札にはアゴジムシしかいないものの、アズサを引いて盤面が整いだす。そしてお相手は盛大に事故ったらしく、モクローだけが立つのみ。ここは決めたいとドローするもカードが入らず、アゴジムシとモクローが睨み合うというカオスな展開。その後、デッキが回り始めたこちらが勢いを取り戻し、そのまま押切り。公式大会で初めて勝てたーーー!

・4戦目 オーロットBreak&ゾロアークGXデッキ (勝利)お兄さん
└お相手、早々にオーロットが立って、人生初のグッズロックを体験。ここで自分、ベンチに立ってるオーロットにもグッズロック効果があると勝手に思い込んで、2ターンほど無駄にするという大チョンボ。その後、慌てて立て直し、クワガノン召喚。相手のフーパをクワガノンで倒したり、相手のゾロアークGXを「こだわりハチマキ」のついたブルルでワンパンしたりして、なんとか逆転。危なかった・・。

・5戦目 ホウオウGXデッキ(敗北) お兄さん
└ジャンケンで負けて、大会初の後攻スタート。お相手は炎デッキで、サポートも回り、カキを使って炎エネルギーが一気にホウオウGXに付くという盤石の体制。一方、こちらはバトル場にカプ・ブルルGXが1体立つのみ。サポートも引けず、そのまま番を終了。次のターン、普通にブルルがワンパンされて敗北。3敗のため、ここで予選敗退が決定。ちーん。

最後はとてもあっけなかった・・・w お相手も「あー・・すみません・・・」みたいな空気でしたし。けど、まあ仕方なし。初めての公式大会、思いっきり楽しむことができました。

翌日には、朝早くから新幹線に乗る予定があったので、午後2時くらいには会場を撤収。お会いしたかった方々に挨拶もできましたし、行って良かったです。

次は名古屋と京都で開催かー。普通に足を伸ばしたくなってきちゃったなあ。

関連記事

The following two tabs change content below.
洋菓子

洋菓子

本職はゲームライター。お仕事とは別に、個人の趣味でゲームの話題に触れていくブログ「その日草子」を運営中。大作RPGから格ゲー、ギャルゲーまでジャンルを問わないアラサー♂。けどホラーだけは苦手。お気に召した記事やお役に立てた記事があればシェア頂けると喜びます(・ω・)
スポンサーリンク