ゲーセンの筐体、アストロシティがまさかのプラモ化


haru_as1

アストロシティのプラモデル!

写真を見ただけで思わず欲しくなってしまった! これ、たくさん集めればミニチュアゲーセンが作れるな(ゴクリ

セガの白いアーケードゲーム筐体「アストロシティ」がプラモデルに

90年代に人気を集めたセガのアーケードゲーム筐体「アストロシティ」のプラモデルキットをウェーブが7月下旬に発売する。価格は3200円(税別)。

1993年に登場し、90年代の対戦格闘ゲームブームを支えたアストロシティ。プレイ画面は「バーチャファイター」「ファイティングバイパーズ」「ダイナマイト刑事」の3タイトルを再現できる。コントロールパネルも1人プレイ用/2人プレイ用、3ボタン/6ボタンから選択可能だ。

 接着剤不要のスナップフィットタイプで、主要パーツはあらかじめ筐体に近いカラーで形成。付属のマーキングシールで実物のイメージに近い仕上がりを楽しめる。

【スポンサーリンク】

ボタン配置できる所にこだわりを感じる

haru_as2

細かいこだわりがあって、それもまたくすぐられます。プレイ画面は3タイトルとのことですが、このプレイ画面だけ別売りでセガ以外のメーカーも出してもらいたいなぁ。そして夢のゲーセンセットを作りたい。ああ、この前少し断捨離したのに、またモノが増えてしまうなぁ。。

The following two tabs change content below.
洋菓子

洋菓子

本職はゲームライター。お仕事とは別に、個人の趣味でゲームの話題に触れていくブログ「その日草子」を運営中。大作RPGから格ゲー、ギャルゲーまでジャンルを問わないアラサー♂。けどホラーだけは苦手。お気に召した記事やお役に立てた記事があればシェア頂けると喜びます(・ω・)
スポンサーリンク