父親の背中。

幸いなことに僕の両親はどちらも健在であり、今の所大きな病気もない。
昨年には僕の弟も大学を卒業し、ようやく子育ても一応の一区切りがついた。

先日両親に、「子育てから解放された気分はどうだい?」と聞いてみたところ、
彼らは声を大にして、「この瞬間をずっと待っていた!」と答えた。
思わず僕も笑いながら「ですよねー」と返す。

両親には頭が上がらない。感謝してもしきれない。
よくもまあ20年以上も子育てしてくれたものである。
加えて、先日もお米やお菓子を送ってきてくれた。
ありがたい話である。

ドラクエ5の主人公にとって、パパスは間違いなく偉大な父親だった。

道中、遭遇したモンスターを全て一撃で倒してしまう程に強かった。
人望も厚く、人々はパパスに会えば誰もが親しみの笑顔を見せた。

口髭が渋く、勇猛な体付きのくせに心配性な一面もあり、
何かあると過保護と思えるほど、主人公にホイミをかけてくれた。

パパスは幼少期の主人公にとって、最も力強く、尊敬できる、
そしてなによりも優しい人物であった。

唯一、トンヌラっていうネーミングセンスは弱点かもしれないけれと、
それぐらい愛嬌だ。完璧な人なんて存在しないさ。

「ぬわーーーーーー!!」

主人公を人質に取られ、パパスはモンスターに
一切の抵抗が許されないまま殺されてしまった。

当時ドラクエ5を初プレイしていた僕はあまりの展開に言葉を失った。

ゲームだとわかっているのに無性に悲しくなり、
自分の両親は大丈夫かと、ゲームがある二階の部屋から居間に駆け下りたことがある。

あのときの不安なドキドキは今もちゃんと覚えている。
たぶんその頃から、両親がいつまでも生きてはいないことを自覚したんだと思う。

さようならパパス。あなたの背中の大きさ、忘れない。

ここで主人公の幼年期は終わりを迎える。
モンスターに捕らわれた主人公は謎の宗教集団に送られ、奴隷として生きていく。

そして、10年の月日が流れるのである。

結婚を機にドラクエ5を再プレイしてみた 目次へ

The following two tabs change content below.
洋菓子

洋菓子

気になったゲームの話題をマイペースで紹介する「その日草子」というブログを運営中。大作RPGから格ゲー、ギャルゲーまでジャンルを問わずゲームを愛するアラサー♂。けどホラーだけは苦手。お気に召した記事があればTwitterやはてな等でシェア頂けると凄く嬉しいです(・ω・)
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena
【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>