未来の花嫁。

未来の花嫁。

船を降りた主人公とパパスは港からそう遠くない、サンタローズという村へ向かった。

道中、突如緊迫感のある音楽が流れ、本ゲーム初めての戦闘に突入する。
現れたのは、青い身体をプルプルと振るわせたスライムが3匹。
ドラクエにおいて、最初の戦闘がスライムというのは、もうすっかり伝統になった感がある。

特に苦戦はしなかった。というか、パパスの強さが物凄かった。
一際目を引く彼の大きな剣が、スライムを一撃で倒していく。

父親というのは偉大なものだ。
機会があって僕も父親になることがあれば、こんな偉大な父親になれるのかなあ。

ハッキリ言って、自信は無いなあ。僕、もやしっ子だしなぁ……。
あとビビりだから、たぶんスライム殴る時とか
「えっ!? いいの? 流石に殴るのはまずくね!?」
とか、なっちゃいそうな気がする。だってスライム可愛いし。

できることなら戦わず、平和に暮らしたいものですよね。

サンタローズの村に到着すると、多くの村人から歓迎された。
ここでもパパスの人望は凄かった。
主人公も見知らぬ大人から口々に「大きくなったねえ」と声を掛けられる。

そういえば僕も小さい頃、よく知らない親戚?の人から「大きくなったねえ」
なんて、機会がある度言われていたことを思い出した。
ここら辺は我々もドラクエも共通なんだと思う。

さて、そんな大人の話というのは、大抵長くなるものだ。
パパスはひっきりなしに現れる村人の対応に忙しそうだった。

「ねえ、大人の話って長いから、二階に上がりましょうよ」

主人公が退屈そうにしていると、突然話しかけられた。
正確には覚えてないけれど、確かこんな感じに誘われた気がする。

パパスと話し込む隣町の宿屋の女将。
その隣に、主人公と同じように退屈している女の子がいた。

主人公より2つ年上の女の子。輝く金髪になんだか意思の強そうな瞳。
一見、おてんばなようにも見えるけど、主人公に本を読んであげようとしたり
所々に優しさも垣間見えた。

ドラクエ5を語るにあたり、決して欠かすことのできない重要人物。

ビアンカ。
その子の名前。

結婚を機にドラクエ5を再プレイしてみた 目次へ

The following two tabs change content below.
洋菓子

洋菓子

気になったゲームの話題をマイペースで紹介する「その日草子」というブログを運営中。大作RPGから格ゲー、ギャルゲーまでジャンルを問わずゲームを愛するアラサー♂。けどホラーだけは苦手。お気に召した記事があればTwitterやはてな等でシェア頂けると凄く嬉しいです(・ω・)
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena
【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>