【体験レポート】ゲームオンに行ってきました〜後編

DSC_0220

まだまだ遊ぶぜ、ゲームオン!

ゲームオン体験レポートの後編です。前編をお読みでない方は下記からどうぞ!

【体験レポート】ゲームオンに行ってきました〜前編

【スポンサードリンク】

STAGE4 おうちでプレイ

ここでは家庭用に発売された様々なゲーム機を展示しています。見たことの無いゲーム機から、お世話になりまくった名機までずらっと並んでいます。

DSC_0188
やっぱりなんだかんだいって、1番思い入れがあるのはファミコンなんですよね。これが我が家にこなかったら、今頃僕は勉強しまくってスポーツしまくってモテまくって、CDデビューもしてモデルにもなってノーベルだって受賞してたんだと思います。いやー、残念だわー。惜しかったなー(棒)

DSC_0184
PC・エンジンで遊ぶファイティング・ストリート。つまりは初代ストリートファイター。ガチャガチャって入力を試したら波動拳が出ました。しかし最初の坊主から強いのなんの……。

DSC_0179
ネジコンだー! コントローラーを捻って操作するというこの操作感! うおおー、すげえーー、うまく曲がれねえーーーー! 親戚の伯父さんはこれでちゃんと操作してたんですけど、僕には上手く扱えない代物でした。。

DSC_0186
NEO-GEOだ! 毎年夏、NEO-GEOを持っている友人は僕たちのヒーローでした。主にKOF的な意味で。

STAGE5 どこでもだれでもプレイ

主にキッズ向けのゲームや携帯ゲーム機が展示されているブース。惜しいなー、僕が小さい頃に今みたいな教育ゲームがあったら、勉強しまくってスポーツしまくってモテまくって(以下略)

DSC_0155
つなげて消すのがグンペイだ! ルールはシンプルでありながらテクニックを覚え始めると一気に世界が変わる、、らしい(下手なのでよくわかっていない)

DSC_0153
DSC_0154
携帯ゲーム機って、もの凄い種類があるんですねぇ。。

STAGE6 アートでプレイ

人気ゲームの中でも、キャラクターや音楽に焦点を当てたブース。ゲームってはシナリオ、デザイン、音楽、技術の集合体なんだって再確認できます。

DSC_0208
ポケモンシリーズがズラリ。僕の初代ポケモンは青でした。赤や緑にしか出ないポケモンを集めるために、それらを持っている友人に頭を下げて教室掃除当番を肩代わりして交換してもらった思い出が鮮やかに蘇ります。

DSC_0159
僕はGTAはやらないのですが、海外では大人気ですよね。資料的価値が高いのも頷けます。

DSC_0147
写真が……。スペースチャンネル5もしっかり展示。ゲームの音が小さかったので、魂で聞くのが吉。
ライチュ! レフチュ! チュ・チュ・チュ!

STAGE7 作ってプレイ

マインクラフト専用ブースが大きく取られていました。会場となった未来科学館をマインクラフトで再現したという、特別なものが見れます。体験には整理券が必要だったのですが僕はその権利をPSVRに回したので体験できず。ただ会場は空いていたので遠目から映像は見ることができました。そういやまだ、ドラクエビルダーズ遊んでなかったなぁ。。

STAGE8 みんなでプレイ

みんなで楽しめる、盛り上がるゲームを集めたブース。みんなで遊ぶともっと楽しい!

綺麗に写真が取れなかったので、公式動画からご紹介。ぶっちゃけ今回のゲームオンで一番楽しかったのはこれかもしれない。もうほんと、こういうゲーム大好き。やってることはコントローラーを上下に動かすのみ。だけどこんなに楽しい。こんなにおかしい。もうほんと、笑うしかない。来客用のゲームとして用意しておけば間違いない。

DSC_0201
10人対戦が可能なサターンボンバーマン! まあその環境を自宅に作れた人がどれだけいたか分からないですけども。。特にサターン時代はテレビ、今みたいに大きくないからなぁ。

そして最後、NEXT STAGEへ

そして最終ブースは、今回最大の目的PSVR! けれど今回も長くなってしまったので次に分けます。

PSVR、マジで半端なかった。

The following two tabs change content below.
洋菓子

洋菓子

気になったゲームの話題をマイペースで紹介する「その日草子」というブログを運営中。大作RPGから格ゲー、ギャルゲーまでジャンルを問わずゲームを愛するアラサー♂。けどホラーだけは苦手。お気に召した記事があればTwitterやはてな等でシェア頂けると凄く嬉しいです(・ω・)
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena
【スポンサードリンク】

【体験レポート】ゲームオンに行ってきました〜後編” に対して 4 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>