17年前の花嫁との再会。

 

友人の結婚式も無事に終わった。次なる目的地を探し、主人公達の冒険は続く。

小さな洞窟を抜けた先に大きな塔が見えた。新しい街が見えると心が躍る。その街はサラボナといった。

街に入るや否や、奥から白い犬が駆け寄ってきた。あー、ほんとワンワンは可愛いよなあ。

ところで皆さんは犬派ですか? 猫派ですか?
この質問は長年に渡って僕を苦しめている。
犬の画像を見れば犬派となり、猫の画像を見れば猫派へとあっさり浮気する。
だってどちらも可愛いんだもん。選べないよなあ。

 

「誰か! お願いです! その犬をつかまえてください!」

そんなことをボンヤリ考えていると、不意に女性の声が聞こえた。

なんというか、声を聞いただけでこの人は美人に違いない!と思う瞬間はないだろうか。
もちろんドラクエ5にはボイスが付いていないけれど、このメッセージを読んだとき僕はそう思った。

青く、背中まで艶やかに伸びた長い髪に白いワンピース。
身に付けている衣装や立ち振る舞いから育ちの良さが香るようだ。

その女性の名はフローラ。僕がドラクエ5を初めて遊んだ時の、17年前の僕の花嫁。
そう、僕は17年前に悩みに悩んだ結果、フローラと結婚したのだ。

「まあ……リリアンが私以外の人になつくなんて」

フローラが驚きの声を上げながら主人公に追いついた。駆け寄ってきた白い犬の名前はリリアンというらしい。流石に犬の名前迄は記憶に残っていなかった。ああ、可愛いなあワンワン。

それから二言三言の会話をしてフローラと別れた。リリアンも一緒に帰っていった。ああ、ワンワン行っちゃった、ワンワン……。
17年ぶりに再開した元(?)花嫁は相変わらず美しく、素敵な女性でいるようだ。良かった良かった。

 

さて、ここから先のストーリーはなんとなく覚えている。この街の大富豪であり、フローラの父親でもあるルドマンから、

「フローラの結婚相手を募集する! この大陸のどこかにある、炎のリングと水のリングを持ってこい。見事持ってこれたら、フローラと結婚させてやろう!」

なんていう無理難題を言い渡されるのだ。17年前の当時ですらフローラは大変だなあと思った。自分の結婚相手ぐらい、自分で決めたいよなあ。
事実、フローラも「自分の夫は自分で決めたい!」と言い切っている。しかしルドマンの力は強く、指輪探しは予定通り行われるのだった。

「それぞれの指輪は大変危険な地にあると聞きます。私なんかのために無理しないで下さい」

そういって参加者を気遣うフローラは本当に良いお嬢さんだなあと思う。

ところでDS版ドラクエ5には、ビアンカとフローラの他に3人目の花嫁候補が登場することで話題となった。それがフローラのお姉さんにあたる女性で、名をデボラという。このデボラ、かなりの曲者なのですが、それはまた次のお話にしたいと思う。

結婚を機にドラクエ5を再プレイしてみた 目次へ

The following two tabs change content below.
洋菓子

洋菓子

気になったゲームの話題をマイペースで紹介する「その日草子」というブログを運営中。大作RPGから格ゲー、ギャルゲーまでジャンルを問わずゲームを愛するアラサー♂。けどホラーだけは苦手。お気に召した記事があればTwitterやはてな等でシェア頂けると凄く嬉しいです(・ω・)
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena
【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>