【思い出ピコピコ】バトルドッジボール2

せっかくブログを持っているのだから、他のゲームについても
たくさん書いていこうと思う。

先日、とあるお店のゲームコーナーで「ロストヒーローズ」のPVを見た。
仮面ライダー・ウルトラマン・ガンダム各シリーズのキャラが共演する
いわゆるコンパチシリーズの最新作である。

正直、このソフトの存在すら知らなかったのだけど
PVを見たら思わず即買いしてしまった。
そして昔、コンパチシリーズで遊んだなぁと懐かしくなったのである。

「バトルドッジボール2」は、僕がコンパチシリーズにハマるきっかけとなったゲームだ。
なにしろ登場キャラクターがとても豪華だ。
仮面ライダー、ウルトラマン、ガンダムの主要メンバーがドッジボールをしている。
その画面のインパクトだけで心を奪われた。

特に騎士ガンダムシリーズのキャラが大好きだった。
ボンボン派歓喜とは正にこのことである。

ルールは基本的にドッジボールなので、
互いのコートで分かれ内野3人外野3人の構成にて対戦する。

しかし”バトル”というように、相手にボールを当てて
その体力を減らしていくことが目的となる。
体力が無くなった内野メンバーは退場となり、相手の内野メンバーを
全て退場させたら勝ちとなる。

また各キャラクターは強力な必殺技を持っており、
敵コート全体にビームを放ったり光線を打ち込んだりとやりたい放題となる。


skating / yellow_bird_woodstock

ステージも個性豊かで数多くあるのだが、
一番記憶に残っているのは氷上ステージだろうか。

氷上ステージは足場が全て氷で覆われており、非常に滑りやすい。
走ったりジャンプしたりすると、ツゥ~っと足が滑るのである。

この、「足が滑る」というのが非常に厄介なのだ。
例えば相手が投げてくる強力なボールをキャッチしようとすると、
ボールをキャッチしたまま画面端まで足が滑り、自陣コート後ろの
敵外野スペースまで押し込まれてしまう。

当然、敵外野スペースでは行動が出来ないため、キャラクターは
自陣内野コートまで戻ろうとするのだが、その間は全くの無防備である。
端的に言ってしまえば、相手の外野キャラにひたすらボールを投げつけられ、
ハメ殺されること請け合いである。

この”ボールをキャッチしたら即死”という状況に当時の僕は
呼吸困難になる程笑い転げた記憶がある。
でも、逆にこれをやられると凄くムカつくのだけれど。。

もちろん通常のコートもあるから、普通(?)のドッジボールも可能だ。
サイドスローで速い球を投げてくるゼットンが物凄く恰好良かった。

先日、バトルドッジボール3が出たのだけれど
別ソフトのオマケ要素が強く、対戦できないそうなので手を引いてしまった。
やっぱりバトルドッジは、兄弟友人とギャーギャー騒ぎながら遊びたいかなぁ。

【wiki】
バトルドッジボール2

【ニコニコでの検索】
バトルドッジボール2

洋菓子ゲームTwitterでのRTも凄く嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena
【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>